読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧しくても幸福に生きる日々

金儲けに必死にならず、楽な生活をお伝えします。

鶏ムネ肉をサツマイモとシメジと一緒に炒めました。

食べること

また今日も鶏ムネ肉の料理を作ってしまいました。

 Cpicon サツマイモと鶏むねの旨炒め✨ by あこベジフル

f:id:mazshear:20161220230431j:plain

鶏ムネ肉を1枚、約300gの皮を剥いて削ぎ切りにしました。そして大さじ1杯の酒に漬けます。その間にサツマイモを適当な大きさに切って鍋で軽く茹でます。シメジは半株をほぐしておきます。鶏肉に片栗粉をまぶしてから油を引いたフライパンで焼きます。レシピにはシメジを別に炒めるように書いてありましたが、面倒なので肉、シメジ、サツマイモと続けて入れて炒めました。タレの材料にあったハチミツを切らしていたので、砂糖を少し入れました。少し水分を飛ばして煮詰めて完成です。
初めて作ったレシピですが、またサツマイモが余ったら作ってみようと思います。今度はもう少し小さく切って、食べやすくしようと思いました。

 

麻婆豆腐を作りました。

食べること

 

Cpicon ご飯がすすむ麻婆豆腐 by サユりんりん

以前にも参考にした上のレシピで麻婆豆腐を作りました。前回は甜麺醤がなかったので赤味噌で代用したのですが、今回はスーパーで探して買ってきました。
レシピ通りに大さじ2杯入れたのですが、結果少し甘すぎるんじゃないかという家族の評価だったので、次回は甜麺醤を半分にして作ってみようと思います。

f:id:mazshear:20161220223736j:plain

甜麺醤を使った以外はほぼ前回と同じで、豚ひき肉が130g程度、国産のにんにく1片、玉ねぎ半分、長ネギが少し多めで3/5本ほど、豆腐は普通の大きさの木綿を1丁。前回の反省を踏まえて水溶き片栗粉を多めにしました。
大人用には豆板醤を多めにしても美味しいかなと思います。
もっと手早く作れるようになればいいなぁ。


S&B 李錦記 甜麺醤 100g

鶏もも肉とナスのトマトソース煮込み

食べること

家族から親子丼をリクエストされたんですが、スーパーに行くとナスが安かったので鶏肉とナスを使った料理をクックパッドで調べて作りました。参考にしたのは次のレシピ。

Cpicon 鶏肉となすのトマト煮 by asumama

  • カゴメ基本のトマトソースを使うようになっていましたが、トマトソースは自作しました。
    まずフライパンにたっぷりオリーブオイルを入れて、みじん切りにしたニンニク一片を入れてから火を付けます。中火で少しニンニクが色づいたら、輪切りにした唐辛子を1本分入れてさらに少し炒めます。次にみじん切りにした玉ねぎを1/2玉分入れて炒めます。さらにみじん切りにしたニンジンも適量入れます。その後にパックのカットトマトを入れて、塩、コショウ、ベイリーフオレガノを入れて煮込みます。昔は缶詰のトマトを使っていたんですが、缶詰にはビスフェノールA(BPA)という環境ホルモンの一種が使われていて、食べ過ぎると健康に良くない疑いが高いそうです。最近はデルモンテなどが作っている紙パックのトマトを使っています。
    トマトソースの準備ができたらもも肉から皮を剥がして一口大に切ります。ナスは1本分輪切りに、玉ねぎは半玉分薄切りにしました。それらを順に炒めてからトマトソースに入れます。最後に150㏄ほど水を加えて煮込み、塩で味を調整しとろけるチーズを溶かせば完成です。

f:id:mazshear:20161212225637j:plain

家族にもなかなか評判が良かったのですが、個人的には鶏肉を煮込むよりはナスのトマトソースパスタとして食べた方が美味しいような気がしました。

ちなみに剥がした鶏皮はピーマンと一緒に炒めて食べました。今までキャベツ、ネギと一緒に鶏皮を炒めましたが、一番美味しかったのはネギですね。またネギで作ってみようと思います。


完熟カットトマト紙パック

鶏ムネ肉の照り焼き風とネギと鶏皮炒め

食べること

今日もいつものスーパーに行きましたが、相変わらず野菜が高いので結局いつもの鶏ムネ肉を買って帰りました。作ったのは下のレシピを参考にした照り焼き風。

Cpicon 簡単~鶏むね肉の照り焼き by まるんくん

お肉だけだとさすがに寂しいので、ブナシメジを1パック一緒に炒めました。手順としては、まず鶏ムネ肉を食べやすいサイズに削ぎ切りにして塩コショウをして、小麦粉をまぶしました。濾し器を使いましたが、面倒なので次回はビニール袋にしようと思います。フライパンに油を引いて鶏肉を両面焼いたらしめじも投入。火が通ったら醤油、砂糖、みりんのタレで煮込みます。元のレシピは砂糖が多かったので、少し少な目にしました。さっぱり食べやすい味でしたね。

f:id:mazshear:20161209000352j:plain

作っている最中に気付いたんですが、鶏肉もブナシメジも色が白くて彩りが足りないので、少しだけ生えていた万能ねぎを散らしました。もっとたくさん生えて成長してくれると助かります。
今回も皮の部分は先に剥いでおいて別の料理にしました。以前作った料理(親子丼と鶏皮キャベツを作りました。 - 貧しくても幸福に生きる日々)をアレンジして、キャベツの代わりにネギを使ったんですが、なかなか美味しくできました。

f:id:mazshear:20161209000710j:plain

前回と同じように皮の部分を1~3センチ角程度に小さく切って、しばらく料理酒に漬けました。油は引かずに強火で炒めて、皮の油が溶けたらネギも入れて一緒に炒めました。最後に少し醤油を入れたら完成です。鶏皮の油っぽい感じをうまくネギが中和してくれてキャベツよりも相性は良いかもしれません。

最近はしょっちゅう鶏ムネ肉で家族に申し訳ないような気もしますが、特に不満なく食べてくれるのでしばらくはいろんな鶏肉料理を試してみようと思います。

 

麻婆豆腐とサツマイモのきんぴら?を作りました

食べること

次に作る時に備えて記録しておきます。
スーパーで豚ひき肉が安かったので、いつものように材料から検索して見つけたクックパッドのレシピを参考に作りました。

Cpicon ご飯がすすむ麻婆豆腐 by サユりんりん

豚のひき肉はレシピより少し多めにあって、120~130gくらい。豆腐は普通の木綿豆腐を1丁。玉ねぎがたくさんあったので半分使って、長ネギは1/2本くらい。甜麺醤(テンメンジャン、読めなかった…)はいつものスーパーに売ってなかったので、いつも味噌汁に使っている赤味噌に醤油と砂糖を加えて代用(参考:甜麺醤(テンメンジャン)がないときの代用 - クックパッド料理の基本)。にんにくはチューブじゃなくて国産の大きめの1片をみじん切りで使いました。
流れとしてはまず玉ねぎと長ネギをみじん切りにしてボウルやザルに置いておきます。にんにくもみじん切りしてからフライパンにごま油を多めに引いて豚ひき肉を炒めます。だいたい火が通ったら玉ねぎを入れ、少ししたら長ネギとにんにくも入れます。水を入れたら豆板醤と味噌、醤油砂糖などを入れ少し煮込みます。グツグツしてきたら切っておいた豆腐を入れて、豆腐が温まった頃合いで水溶き片栗粉を入れてとろみを出せば完成です。
f:id:mazshear:20161206222408j:plain

反省点としては、とろみが足りなかったので次回作る時は水溶き片栗粉を多めに使ってみようと思います。それ以外の味はなかなか本格的で美味しく出来たと思います。

麻婆豆腐とご飯だけでは寂しいので、市販のスープとサツマイモのきんぴらを作りました。レシピは下のものを参考にしました。
Cpicon さつまいもの金平(・_・)エッ..? by 見習い主婦42歳
黒ゴマがなかったので白ごまで代用しました。

f:id:mazshear:20161206223019j:plain

サツマイモを細く切るのが面倒ですが、切ってしまえば半分終わったような料理です。水に晒した後でごま油で炒めて、みりん、酒、醤油を大さじ1ずつ入れるだけです。味はまぁまぁでしたが、芋の味で随分印象が変わりそうなので違う芋でもう一度試してみたいですね。

やる気が出ない時に何とかやる気を出すための気分転換3選

暮らしの些細なこと

デスクワークでも家事でもそうですが、地味で先の長い仕事ってなかなか取り掛かる気持ちが起きなくてだらだらしてしまう事があります。そういう時に私が実践している、気分転換の方法を、効果の高いものから順に紹介します。

f:id:mazshear:20161204165037j:plain

1.身の回りを片づける、掃除する。

 

まず視界にある机の上、床の上をすっきりさせましょう。ゴミがあれば捨てて、定位置にないものは定位置に、本の背を並べたりブラウザのタブをできる限り閉じたり、とにかく視界に入ってくる情報を少なくするように努めます。それをしても仕事が進まなければ、中断する覚悟で掃除をしましょう。掃除機をかける、雑巾をかけるなど狭い範囲でいいのできちんとしてみましょう。身の回りが綺麗になるとスッと仕事に集中できる事が多いものです。

2.コーヒーや緑茶を飲んでカフェインを摂取する。

 

掃除をしてもまだ気持ちが仕事の向かない場合は、仕方がないのでコーヒーブレイクにしましょう。コーヒーの苦手な方は緑茶にしましょう。飲み物を飲んで一息つくと同時に、カフェインで頭を覚醒させればきっと集中して仕事に取り掛かる事ができるはずです。

3.諦めて他の事をする。

 

掃除をして、コーヒーを飲んでもどうしても駄目な時は一度諦めましょう。時々はそういうタイミングもあります。一度目の前の仕事や用事の事を忘れてしまって、完全な気分転換に新聞や雑誌を見たり、ネットで好きなテキストを読んだりしましょう。コツとしては、パソコンを使う仕事が待っている場合は紙の文字を読む方が気分転換になりますし、逆に書類に記入したり家事など物理的な仕事の場合はネットの情報に触れてみましょう。しばらく自分の興味や好奇心に従って過ごしていると、気持ちに余裕が生まれて仕事への意欲も戻ってきます。

私は基本的には上記の3つで何とかいろいろな仕事を片づけています。孤独な仕事の場合は、自分を追いつめ過ぎず、甘やかさ過ぎずのバランスが大事ですね。何かお役に立てば幸いです。

親子丼と余った鶏皮で作ったもう一品

食べること

家族からリクエストがあったので、また親子丼を作りました。前回と同じ下のレシピです。
Cpicon ☆親子丼☆ by ☆栄養士のれしぴ☆

親子丼

まずタレを作ります。2人前、鶏もも肉1枚に対して醤油とみりんが各大さじ2、酒と砂糖が各大さじ1。水が160㏄に和風だしの素を小さじ2/3。
このタレを混ぜて準備しておいて、次に玉ねぎ半分を細切りに。最初にタレで玉ねぎを煮込みます。2分煮込む間に鶏もも肉を一口大に切ります。もも肉を入れてからさらに2分程度煮込んで、ここで卵(4個分)を溶いたもののうち、2/3を入れます。卵を入れたら蓋をして、弱火にしてからさらに2分煮込みます。蓋を開けたら残りの卵を入れて、10秒ほど強火にかけたら、あとはご飯に乗せるだけです。

前回親子丼した時は皮ごと切って使ったんですが、触感が少し気になったので今回は皮をはがして作りました。もちろん皮は別の料理としてたべたのでそれも紹介します。参考にしたのは下のレシピです。
Cpicon おつまみに!簡単鶏皮のキャベツ炒め by michikusa3

鶏皮キャベツ

まず鶏皮を細かく切りました。レシピには1センチ角とあったんですが、あの切りにくい鶏皮を1センチ角に切るのは面倒だったので、少し大きめ(2.5cm~3㎝くらい?)になりました。キャベツは少し大きめに、でも一口でちょうどいいくらいがいいみたいです。鶏皮はボウルなどに入れて料理酒を絡めておきます。皮2枚で小さじ1程度なので多くないですが、味付けに重要な部分です。皮とお酒がなじんだ頃合いで熱したフライパンに油を引かずに皮を入れます。強火で皮の油を溶かしながら焦がす感じでした。ある程度皮が食べられそうな雰囲気になったところでキャベツも一緒に炒めます。そしてキャベツがしんなりしたら最後に醤油を小さじ1だけ入れてさっと炒めれば完成です。
上の写真にはないですが、七味唐辛子をかけるとおつまみには最高じゃないかと思います。

今の季節、温かいものを温かいうちに食べて欲しいと思うんですが、料理の完成を同時にしようと思うとなかなか難しいですね。
どうしても食卓の上で鍋とかが楽かなと思うんですが、もう少し野菜が安くならないとなぁという感じです。