貧しくても幸福に生きる日々

金儲けに必死にならず、楽な生活をお伝えします。

誰かに喜ばれる事を喜べれば幸い

幸せとは何かってよく考えるんですけど、人によって違いもあるし、同じ人でも年代や状況によって違ってくるしなかなかシンプルに言い表すのは難しいと思います。

例えば年収が2000万円くらいあって、貯蓄も2億円くらいあれば幸せな人もいるでしょうし、年収は200万円だけど愛する家族に囲まれて幸せって人もいるでしょう。でも金銭的な指標ってあまり幸せとは直結しないと思います。結局金銭によって手に入る何かだったり、しなくていい嫌な事だったり、将来の平穏だったりという事を期待しているんだと思いますが、お金そのものは私たちに快楽や安全を提供してくれません。それらと交換が容易なのは確かですが。

f:id:mazshear:20180203163828j:plain

身の安全だったり衣食住の不安を感じている人というのはそれほど多くないと思います。もし衣食住に事欠く人がいれば、国民の権利として役所に行って生活保護の手続きをしてもらえばいいのです。日本では最低限文化的で健康な生活は保障されています。その上で幸福にかんしては直接保障されているわけではなく、追求する権利を有すると表現されているのです。

つまり最低限の生活はさせてもらえるけれど、幸福に生きようとするならば個人がそれを追求しなければ勝手に与えられるものではないという事を日本の憲法や法律は示しています。これは幸福を感じる状況であったり対象であったりが個人個人でバラバラであるので、自分で手に入れてくださいと一人一人が委ねられているのです。ですから、幸福になるためにはまずどんな状況が幸福と感じるのかを自分で知らなければなりません。

親や社会に流されていればいつの間にかいい大学を出ていい企業に就職して、いい人と結婚して子供にも恵まれて幸せになっていたという人もいるでしょう。でもそういう人はごくごく少数ではないでしょうか。世間のほとんどの人は、どうすれば幸せになれるのか多少なりとも考えて、自分なりの結論に従って努力したり我慢したりしていると思います。しかし、自分がこうなれば幸せだろうという目標が達成されても幸せを感じられない人がいますし、幸福感が長続きしない人も珍しくありません。

人間はそもそも変化するものですし、よほど高齢にならなければ日々成長できる存在です。そして変化したり成長したりすれば何を幸福と感じるかも変わってしまうものなのです。それを知る前には幸福だと感じられなかったような事が、知った後では何よりも幸福を与えてくれる物かもしれません。それは例えばお酒だったりセックスだったりドラッグだったり、あるいはスポーツでの勝利や子供の存在かもしれません。しかしそれを知って経験したからこそ幸福だと言えるような価値観の大転換という事が人生には何度か起きるものです。

幸せとは、一度手に入れたとしてもずっとそこに留まっていられる保証はありません。むしろどんな幸せもいつかは失われるものだと言えるでしょう。ですから、幸せを感じさせてくれる出来事が連続的に起きるような事に幸せを見出すのが賢明だと私は思います。つまり、タイトルにしたように「誰かに喜ばれる事を喜べれば幸い」なのです。誰かに何かをしてあげて、感謝された事を幸福と感じられれば、それは繰り返す事が可能ですし、感謝の連鎖は少しずつ世の中を明るく良くしてくれるでしょう。

嫌いな人と関わるストレスの逃がし方

あまり自慢できる話ではないのですが、私はどうしても好きになれない、むしろ大嫌いな人が何人かいます。そして、生活している上でどうして時々は会ったり話したりしなければいけなくて、そんな時はとても心が沈みますし、会った後には胸にどんよりとした重たいものが詰まっているような感覚を覚えます。

f:id:mazshear:20180128162650j:plain


そんな人とは付き合わないのが一番なのですが、いろいろと事情があってそうもいかないのです。きっとそういう事情の人は珍しくないんじゃないかと思います。たとえばそれが家族だったり職場の上司や同僚だったり、町内会や何かのメンバーだったりで、社会通念上付き合わざるをえない人と、どうしても合わないという事は誰にでもありえると思います。そんな嫌な人間関係のストレスをどうやって緩和しているかを書いてみようと思います。

まず事前にその人と会うのが分かっている場合は直前まで意識的にそれを忘れて行動するのがいいでしょうか。あぁあの人と会うの嫌だなぁと憂鬱な気持ちで過ごす時間はできる限り少なくした方がよいのです。時間や予定を忘れて楽しめるような事をして過ごしましょう。

次にまさに面と向かっている時には、できる限り別の楽しい事を考えましょう。この辛い時間が終わったら何か美味しいものを食べるとか、好きな人や家族と過ごすとか、近い将来の楽しい予定を考えて目の前のつらい現実と向き合わないようにしましょう。

私の場合、嫌いな人と会った後にも胸がむかつくような不快感が残るのですが、これは声を出すと少しすっきりします。身体の中にあるネガティブな何かを、大きな声と一緒に吐き出せば多少楽になります。そして自分が本当に大切な人と一緒にゆっくりと過ごす事で荒れた気持ちもだんだんと落ち着いてきます。

大事なのは他人に対して自分の不愉快さをぶつけない事、できれば苦しんでいる姿も見せない事です。それが暴力的なセクハラやパワハラが原因ならば別で警察や労基署に相談するべきですが、人間の相性に根差している問題ならば個人的に解決する方が無難です。誰かを嫌う、避けたいと思う気持ちは生理的、感覚的な部分が大きく、身近な人でもあまり共感してもらえない事が多いからです。

心に妬みや憎しみを溜めたままにすると健康にも悪いですし、日々の生活を楽しむ気持ちにもなれません。悪感情はなるべく早く流してしまって、自分の人生を楽しみましょう。

言葉は少ない方が価値がある

私の古くからの友人にとても社交的な人がいます。彼は男としてはおしゃべりな方で、遮らなければ何時間でも一人でご機嫌に話を続けます。最近その彼を見ていて感じた事ですが、結局一人の人間が語れる内容というのはそれほど膨大ではないし、近い環境で生きている人ならそれほど差もないという事です。

f:id:mazshear:20180127151900j:plain


つまり、身近な人同時が何かを語る時、そこにいる誰もが何かしら話したい聞きたいという気持ちでいたとしても、価値のある内容というのはそれほど多くはなく、ほとんどは既知の話題であったり調べればすぐ分かる事実であったりします。しかし、人間の内実の差以上に、語られる言葉の量というのは差が大きいものです。ある人は言葉を選んで必要最小限のフレーズで伝えようとしますが、ある人は装飾や例えを多様して内容を大きく膨らませた分量を語ります。それは結局はその人の性格や個性でもあるのですが、しかし意識的に調整可能な個性です。
私はなるべく言葉を少なくして、誤解されぬように短く喋るのが好みですし、実際そのようにしています。しかし残念ながら感傷的な表現や共感を省きすぎると冷たい人だと評価される場合もあります。実は損得で考えればやたら言葉の分量を多く喋る人の方が社交的で親しみやすいと感じられる傾向がありそうです。しかし、その人との付き合いが長くなれば、何だか内容に乏しくて聞いているのが疲れるという感想を持ってしまいます。ですから、可能ならば初対面や付き合いの浅いうちは社交的に、積極的に喋るようにして、だんだんと装飾や無駄をそぎ落とした言葉選びに変えていけば時と共に信頼を得られ易いのではないかと思います。

以心伝心という言葉もありますが、言葉にせずとも思いが伝わるというのは両者が同じ理想や目的を見据えている時の特殊な状況であって、日常に期待されるものではありません。私たちは言葉にしなければ他人に何かを伝える事は叶わないし、言葉にしてしまえば意図しない事をも伝えてしまう場合があります。伝えたい事を過不足なく伝えるというのはとても高度な技術が必要ですし、相手によってコミュニケーションの方法を変えなければいけません。そのためにも、常日頃から必要な言葉を短く選ぶ癖をつけて、必要に応じて加飾する臨機応変さを身に着けたいものです。

石油ストーブと石油ファンヒーターはどちらが得なのか

冬場の暖房器具にはいろいろ種類がありますが、短時間で部屋を温めるには灯油を燃料にしたストーブやファンヒーターが効果的です。

f:id:mazshear:20180126164549j:plain

もちろん電気ストーブで部屋を暖めることもできますが、同じ価格の灯油と比べた電気の発熱量は半分以下であり、経済的とは言えません。

難点と言えば重い液体の状態で運搬、保管、補給をしなければいけないという点ですが、自動車に乗る家庭ならば給油時に車に積んだポリタンクに入れて運べばそれほど大変でもありません。また地域によっては灯油の移動販売をしている場合もあるので、自分で運ぶのが難しい場合はそういったサービスを利用するのもいいでしょう。

灯油は比較的取り扱いが簡単な燃料ですが、大量に保管する場合は自治体に届け出をしなければならない場合があります。市区町村の条例によりますが、200リットル以上を保管しようとする場合は自分の暮らしている場所の規定を確認しましょう。しかし使いきれなくて翌年にまで灯油を保管してしまうと変質して暖房器具、特にファンヒーターを故障させる原因になりますのであまり大量に保管するのはお勧めできません。もし温かくなって灯油が余ってしまったら、ガソリンスタンドで処分してもらうか、または自動車整備などをしている工場に引き取ってもらいましょう。

さて、石油ストーブと石油ファンヒーターの違いですが、一番は電源が必要かそうでないかでしょう。石油ストーブは電池などを入れておけば停電や災害時でも使える心強い暖房器具です。いざという時に備えて一家に一台は用意しておいた方がいいでしょう。石油ファンヒーターは電気を使って灯油を気化させ、ファンによって温風を対流させてくれます。石油ストーブは自然対流式といって、真上に向かって温風が向かいますが、ファンヒーターは横に向けて温風を送り出して部屋の空気を攪拌してくれるので部屋全体を素早く温めてくれます。また、石油ストーブは天板の部分でお湯を沸かしたりちょっとした煮込み料理をしたりといった使い方も可能ですが、逆に間違って触れてしまって火傷をしたり、服や書類が上に載せられると最悪火災の原因にもなります。

石油ストーブと石油ファンヒーターが出す熱量をkwで表示した場合、現在市販されている一般的な石油ストーブは2kwから3kwが多いようです。石油ファンヒーターは大型だと最大で6kw程度、小型のものでも3kw~4kw程度と石油ストーブに比べると温かさの性能という意味ではファンヒーターに軍配が上がりそうです。

もちろん機器購入時のイニシャルコストはファンヒーターの方が高くなりますが、同じ暖房性能を発揮するランニングコストは他の暖房に比べても石油ストーブよりは石油ファンヒーターが優れていると言えるでしょう。

これから暖房器具の購入を考えている方はまずは石油ファンヒーターを一番に検討される事をお勧めします。一方で停電時や災害時の備えとして、またサブの暖房器具として石油ストーブも有用です。体調を崩さないように、適切な温度の部屋で冬を過ごしてください。

クレジットカードの審査に落ちた人でもカードを作れる実例を紹介します。

クレジットカードは以前の投稿でも書いたとおり、持ってて当たり前だし使わないと損な時代になってしまいました。個人的にはあまりカード払いは好きじゃないんですが、1%から5%程度は現金に比べて得をする場合が多いので、金銭的に余裕のない人こそ活用するべきだと思います。

f:id:mazshear:20180102022738j:plain

タイトルのクレジットカードの審査に落ちた人というのは実は私自身の事です。私は10年弱自営業をして生計を立てていましたが、その間に3回はクレジットカードの審査に落ちていると思います。考えられる理由はいくつかあるのですが、まず自営業で固定電話やFAXを持っていないと難しいのではと思われます。カードの審査とはつまり与信であって、その人が月々の請求に対して遅延なく支払う能力があるかどうかを審査されます。基本的には今までクレジットヒストリーの評価、収入の多寡、収入源の安定性などを数学的な計算によって半自動的に審査していると思われます。
私の場合、学生時代から使っているカードが1枚あったのですが、滅多に使わない口座を支払い口座に設定していたために、わざわざ入金するのが面倒でよく支払いが遅れていました。期日を過ぎるとコンビニで使える振込用紙が送られてくるので毎月それで支払っていたのですが、クレヒス的にはこの支払いが遅れるというのが良くなかったようで、その後新しいカードに申し込んでも審査に通らない状態が続きました。
そしてやはり収入の安定性という面では自営業はサラリーマンに劣りますし、クレジット会社から見ればいわゆるコンビニのバイトよりも安定性が低いと見られてしまうようです。安定性が低いのは確かなので文句は言えないのですが、クレジットカードを作らないままフリーランスノマドワーカーになってしまった人はけっこうカード審査に落ちてしまうのではないかと思います。
しかしあるカードに申し込んで発行されなかったからといって、数うちゃ当たると手あたり次第に色んなカードに申し込むのは逆効果です。クレジットカード会社は統一的なリストを利用していて、何らかの条件に該当してカード発行を拒否された人は半年間はいわゆるブラックリストに載るそうです。ですから、審査に落ちてから半年間は他のカードに申し込んでも無駄だし、どんどんブラックリストから削除される次期が先に延びるので何もいい事はありません。残念ながら審査に落ちてしまった人は、半年は我慢して状況を改善する努力をしましょう。
過去にカード審査に落ちて、それから半年以上経った人には私は楽天カードをお勧めします。なぜ楽天カードかと言えば、まずテレビCMを流すほど勧誘に積極的であるのが一つ。そしてもう一つはクレヒスのない人、つまり今まで自分のクレジットカードを所有して使った事のない人でも楽天で買い物した事があれば、それを支払い能力として評価してもらえる可能性があるからです。もし審査のやさしそうなカードの申し込みで拒否されたら、それから半年間の間になるべく多く楽天市場で買い物をして、きちんと銀行振り込みなり代引きなりコンビニ支払いなりで実績を作る事をお勧めします。

楽天で通販用のアカウントを持っていればクレジットカード発行の時の申し込みもデータを引き継いでくれるので面倒が少ないですし、コンビニやガソリンスタンド、ファミレスなど様々な場所でポイントが溜まるので日常のカードとしても十分お勧めです。

万が一楽天カードでも審査に通らなかった場合は、申し込み内容を見直す必要があります。見直すべき点としては、キャッシングを無しにするかまたは最低額(たしか5万円)に設定する。またカード会社が得する設定であるリボ払いも設定する(これはカード発行後に解除できます)。ですが一番はやはり収入の安定なので、やはりバイトでいいので会社に雇用されて、雇用先の電話番号などをきちんと入力すればまず通ると思います。また、複数回審査に落ちて心配な人は年会費無料の通常カードを諦めて年会費のかかる楽天プレミアムカードにしてしまうのも有効かもしれません。いわゆるゴールドカードのような感じでちょっと敷居が高く感じるかもしれませんが、年会費も10,800円と特に高額ではありませんし、新規のカード発行の場合は10,000ポイントがもらえるので実質は初年度年会費は無料と言えるでしょう。そして、1年以内になるべくカード払いを利用してクレヒスを作っておけば、また別の年会費無料のカード審査にかなり通りやすくなるので、それが手に入った時点で解約するのもいいかもしれません。

私自身の経験しかないので、こういう状況で審査に落ちたとか、逆に通ったという情報をコメントなどで知らせて頂ければ追記や修正でより正確な情報に更新していきたいと思います。

 

普通にお金を使うといつの間にか損をしていると気づいた話

ちょっとタイトルは大げさですけど、今の時代って現金で買い物するとそれだけ損をするんですね。
昔は現金客って喜ばれるし即金で買うからと値引きをしてもらったりという事があったので、今60代以上の人たちには現金信仰みたいなものがあるんじゃないかと思います。
確かに商売してる立場から見れば現金は有り難いです。色んな支払いに使えるし、手間や時間をかけなくても使えます。日本円の現金は日本国内に限れば最も便利なメディアです。

でも、現金って便利過ぎて扱いが大変という側面もあります。
つまり、ちょっとそのあたりに置いておくと、すぐ誰かに盗まれて無くなってしまいます。そんなちょっとした盗みの犯人はなかなか捕まりませんし、捕まったからといってお金が返ってくるケースも稀です。

最近仕事でクレジットカード決済を受け付ける事が増えました。日によっては現金よりもクレジットカードで支払う人の方が多い場合もあります。大学生以上なら誰でも一枚以上は持っているようなイメージですし、それほど高い商品やサービスでなくても気軽に使われるようになったと思います。

f:id:mazshear:20171007215717j:plain


支払う側がクレジットカードを使うメリットはたくさんあって、まず一番は現金を持っていなくても買い物したりサービスを受けたりできる事、次に支払いのタイミングを1カ月以上先に延ばせる事です。この二つはとても大きなメリットで、それだけで使わないと損してるとも言えます。そして最近はクレジットカードの利用額に応じてポイントを付与してくれるカードがほとんどで、現金よりも少なくともポイント分は得をするようになっています。
昔はクレジットカードを使うと現金の支払い額から数パーセント手数料を上乗せされた金額を請求されるような事も珍しくなかったのですが、最近はカード会社の規約が厳しいせいか、ほぼ全てのお店で現金と同じ額でカード支払いができるようです。そして、そもそもなぜクレジットカード会社がこんなにたくさんあって、こんなサービスが普及してるかと言えば、一つはお店から手数料を取っているからです。安くて3%程度から高いと8%程度まで、ブランドや個々の契約によっていろいろあるようですが、とにかくクレジットカード決済を受け付けたお店は、お客が払った金額の数パーセントは実際には受け取れないのです。それはつまりどういう事かと言えば、お店としては実際に売りたい金額から数パーセント上乗せした値段を付けなければやってられないという事であり、カードを使わない現金支払いの客は、商品やサービスに見合った金額から数パーセント多く支払っている事になります。もっと言えば、現金のお客もカードで得をしている客の分の手数料を暗に負担してる事になります。

総合して考えれば、クレジットカードが使えるのに使わないのは損だし、カードを使う客が得をしていれば、相対的に使わない客が損をしている事になります。
もちろん店側としては、手数料がかからない現金客は嬉しいのですが、今の時代はお釣りの間違いが起きないとか、現金の移動や保管に気を遣わなくていいとか、いろいろな理由からそれほどカード支払いを嫌がるお店も少なくなってきているように思います。
ですから、使えるお店、使える場所ではどんどん使っておいた方が得でしょう。

また、大学生でクレジットカードを持っていない、怖いから作っていないという人にはすぐ作って少額でいいから頻繁に使う事をお勧めしますが、長くなるのでまた別の記事に書くようにします。とにかく、損得という観点から言えばクレジットカードは使えば使っただけ得をしますというのがこの記事の趣旨です。

子育ての悩みを相談したいと思ったらどこを選べばいいか

小さなお子さんを育てている母親や父親は、特に最初の子供の場合分らない事だらけだと思います。基本的には誰でもそうなのですが、祖父母が身近にいない場合は、直接アドバイスをもらう相手がいなくて心細いのではないでしょうか。

f:id:mazshear:20170910005834j:plain


まず結論を述べれば市区町村といった基礎自治体の福祉課や子育て担当の課が設置してある窓口や電話を利用しましょう。今の時代、どこの自治体にも気軽に相談を受け付けてくれる窓口があるはずです。もしご自身の住んでいる自治体にはそういったものがなさそうだと思ったらコメントなどで教えてください。できる限り適切な窓口を調べてお返事します。

なぜ自治体が一番お勧めかと言えば、子育て中の人は宗教団体などが取り込もうとする恰好のターゲットだからです。私は宗教団体、新興宗教も含めて一概に悪いものだとは思っていませんが、質の悪い団体ほど困っている人の悩みに付け込んできます。もしあなたが子育てや生活に悩みを抱えていたとしたら、一番してはいけないのが向こうから声をかけて勧誘してくる団体に相談する事です。彼らは一見親切そうに見えて、実際は様々な手法であなたを利用して結果的にあなたを不幸にしてしまうでしょう。

保育園も含めて、子育て中は福祉のお世話になるのが当たり前と言えば当たり前です。少し古い世代は、福祉と聞けば困っている可哀想な人のためのものという意識を持つ人が時々いるようですが、福祉は国民の権利であり国家の義務です。その条件に該当するならば福祉サービスを受けるのは当然であって、何もためらう必要はありません。今のところ自治体によって大きな違いがありますが、高校生まで医療費が無料とか、おむつ代を支給とか、町営住宅に安く住めるとか子育て中の家族に対する福祉のサービスは様々あります。そういったサービスを必要に応じて利用するためにも、暮らしている自治体の担当課には時々足を運んだり問い合わせをしたりするのが大切です。

役所そのもの以外にも、保健所にカウンセリングサービスがあったり、児童相談所が必要に応じて足を運んでくれたり、様々なセーフティーネットがあります。しかし、それを知らずにいるとしなくていい苦労をしたり、悩まなくてもいい事で悩んだりという事になりかねないので、身近な先輩ママやパパに話を聞いたりしながら情報を集めてみてください。

赤ちゃんや乳幼児と生活していると「これでいいのかな」と思う事がしょっちゅうだと思います。自分の経験から言えばほとんどの場合何の問題もないような事で不安になっていました。なのでまず大切なのはきちんと相談にのってくれる相手を見つける事ですし、一般的には自治体の担当職員が無難で適格だと私は思います。間違っても悪徳商法やカルト宗教にはまらないようにだけ注意してくださいね。ママパパの幸せが子供の幸せの前提です。