貧しくても幸福に生きる日々

金儲けに必死にならず、楽な生活をお伝えします。

ブログを書く暇が無い方が幸せなんじゃないか

忙しいとは直接口に出さないように気を付けているのですが、なかなかに忙しい日々を過ごしています。
誰かから「子育てが大変」という声を聞くと、「大変だけどそれ以上に幸福感と充実感があるから大変じゃない」んだと心の中で反論するんですが、それでも目の前に子どもたちがいると常に注意していなければいけませんし、予想外の行動が日常ですし、予定通り行動できる事の方が珍しくなります。

f:id:mazshear:20170706162142j:plain

そういう訳で、仕事をしたり掃除をしたり料理をしたり毎日いろいろと忙しくしていてブログを書く時間なんてわざわざ取れるなら少しでも休みたいと思ってしまいます。
でもそれって毎日ブログのネタを探して、アクセス数や広告収入とにらめっこしているプロブロガーの人よりは幸せなんじゃないかと思います。

ブログはツールだしシンプルなシステムなので目的や利用方法は人それぞれでいいんだと思います。でも原則的にはインターネットを通じて、テキストや写真を不特定多数の人々に、時間や場所を指定せずに公開する行為です。つまり、誰がいつ自分のブログを見るのも見ないのも自由だし、その反応については個別にコメントやレスポンスをくれるごく一部の人を除いて知る由もないのがブログの特徴ではないでしょうか。
だけど人間同士のリアルなコミュニケーションは、まさにリアルタイムで反応を観察できるし、感謝されたり面倒な顔をされたりという自分の表現行為の評価が率直に得られます。子どもと遊ぶのでも、会社の会議でも、マンションの管理組合の会合でもとにかく自分というものが他人の前にいて、その人の目に晒されるし、同時に自分が観察者の反応も観察できるし、コミュニケーション手段と考えればブログよりはミーティングの方がスリリングで面白いなと最近思います。

人間関係はブログのアクセス数みたいに数値化できませんけど、そもそも数値化はあまりに物事を単純化する営為であって、人間とか社会の複雑さや面倒さから逃げてしまう効果もあるんじゃないかなと思います。私は天皇制については人権の観点からいろいろと思うところがありますが、今上天皇の皇后美智子さまの言葉に大変感銘を受けたものがあります。それは1998年に開かれた第26回国際児童図書評議会(IBBY)ニューデリー大会の基調講演の最後の部分

読書は,人生の全てが,決して単純でないことを教えてくれました。私たちは,複雑さに耐えて生きていかなければならないということ。人と人との関係においても。国と国との関係においても。

という一節です。
人間が自由で独立しているほどに、世界は混沌として複雑になっていきます。それを単純化したいという欲求を持つ人がいるのも自然かもしれません。しかし、何十億人もの人々が、それぞれに違った感じ方と考え方をしたままに、それでも平和で幸福に生きていける世界を望むならば、当然その複雑さを受け入れる必要があります。その事を皇后美智子さまはシンプルな言葉で私たちに語ってくれました。この基調講演の元になったテキストは大変に素晴らしい文章なので、上のリンクから全文を読まれることをぜひお勧めします。
書き始めた時とはちょっと違う内容になってしまいましたが、今日は少しだけ時間ができたので久しぶりに投稿しました。

夫婦のコミュニケーションで言葉の意味は重要じゃない

私は結婚が比較的遅くて、今時は全然珍しくないですけどお互いに30過ぎて、そこそこの大人になったつもりでいた歳でした。いわゆるできちゃった結婚でもないし、よく話し合って両親にも相談した上で入籍したんですが、それでも結婚後の生活においてはすれ違いが毎日のようにありましたし、今だってそれなりの頻度であると思います。

それまで完全に他人同士だった男女が、ある日を境に家族になって同じ環境で暮らすというのは実はとても難しい事でした。比較的育ってきた環境も近いと考えていたんですが、いざ夫婦生活が始まると食事掃除洗濯という家事生活の基本の考え方がまるで違っていて、やっかいな事にどちらも自分が正しくて相手が自分に合わせるべき、または合わせて欲しいと考えてしまう性格なのでかなりケンカのように主張し合ったこともありました。それでもなんとなくお互いの優先順位を表明したりくみ取ったりしながら、譲れない部分は何とか譲ってもらって、譲れなくもない部分は譲ったり譲らなかったりしながら生活してきました。
そのうちに子供にも恵まれてまた生活が変わるわけですが、今の時点で思うのは夫婦のコミュニケーションに「言葉」は大事だけけれど、その言葉の「意味」はそれほど大事じゃないということです。

f:id:mazshear:20170618170157j:plain

表現が難しいんですが、夫婦で交わす言葉なんて半分以上挨拶みたいなもので、相手に声をかけて何か返事が返ってくるというただそれだけで安心する効果があると思います。「私の話聞いてなかったでしょう!」みたいな言い合いがないこともないですが、内容を理解してもらえなくてもとりあえず話しかけてみる、分らないけどとりあえず反応しておくみたいないい加減なコミュニケーションが毎日顔を見る相手とはちょうどいいように感じています。
会社みたいな目的がはっきりしている組織だと、正確な情報共有や上意下達が当然重んじられますが、夫婦や家族は目的のために集まったわけではなくて、集まりたいから集まったし、自然的に構成された集団なので意味よりは感情を共有することがコミュニケーションの目的なんだろうなと思います。
気になっていろいろ調べると、コミュニケーションというのは元を辿れば何か共通のとか共同のとかいう意味のラテン語から来てるそうなので、情報を共有するのもコミュニケーションだし、気持ちを共感し合うのもコミュニケーションだと思うので、夫婦の場合は共感してもらう、共感してあげることを目標にすれば上手くいくんじゃないかと思います。

 

お時間があればこの記事と関係がありそうな以前の記事もご覧ください。

掃除が苦手な人にお勧めしたい掃除が楽しい掃除機

政治の事とかいろいろと、最近腹が立ったりイライラしてしまう時もあるんですけど、まずは自分の日々の生活をちゃんとするのが大事だと思っています。ちゃんと食べて、ちゃんと寝て、ある程度快適な生活をしつつじゃないと、社会的な問題もちゃんと客観的にとらえられないと思います。

最近家庭訪問があって、こんな時じゃないとしないようなレベルで丁寧に掃除をしました。本当は毎日同じように家じゅうを掃除できればいいんですけど、そうすると掃除だけで毎日が終わってしまうのでなかなかそうもいかず。それでもできるだけこまめに掃除をして、家の中を清潔にしておくのはまず生活する自分と家族が気持ちのいいものですし、お客様に対しても気持ちよく訪れてもらえると思うので面倒だけどやりがいのある仕事だと思います。
最近まで三菱の普通の形の掃除機を使っていたんですけど、あまり広くなくて机やソファーが置いてある部屋で掃除機本体をホースで引っ張りながら、かつ電源コードを気にしながら掃除するのってけっこう大変だなぁと思います。お義母さんの家では充電式でコードレスの掃除機を使っているんですが、それはすぐに充電が切れてしまって、しかも電池だけは販売してなくて、本体ごと買い換えて下さいみたいな製品だったので充電式の掃除機もどうかなぁと思っていました。
そして今使ってるサイクロン式スティック型電源コード付きのスタイルが一番自分の性格と生活スタイルに合ってるんじゃないかという結論になりました。
アマゾンで3000円台で売っている安いものですが、一番気に入っているのは吸ったゴミが見えていて、どれくらい部屋が綺麗になったのか一目瞭然なところです。サイクロン式で割とこまめにゴミ捨てをしないといけないんですが、別にフィルターを交換しないといけないものでもないし、むしろゴミを捨てる度にこんなに部屋が綺麗になったんだと充実した気持ちになります。

f:id:mazshear:20170618123733j:plain
掃除はやっぱり達成感がご褒美なので、吸ったゴミの量が可視化された掃除機というのは新しい価 値があるんじゃないかと思います。

ちょっとコードが短いですが、そこは100円ショップかホームセンターで2~3メートルの延長ケーブルを買っておけばいろいろな事が解決してすっきりします。何よりも軽くて取り扱いしやすいので、掃除機を動かす心理的障壁が低いのがいいですね。ちょっとほこりが目に付いたらすぐに動かして吸えるし、掃除の頻度を上げてくれる効果が私にとってはあるのでとてもいい掃除機だと思います。

多くの人に読まれたいとは思わなくなってきた

私はブログを始めて、最初のうちは毎日更新を1カ月以上続けていました。それは単純に毎日続けた方が多くのアクセスを集められると見聞きしたからであり、しばらくするとはてなブログの「注目のブログ」というところで紹介してもらえて、毎日100人を超える人がこのブログを見にきてくれていました。
書いていたのは基本的には些細な事で、特別な経験や知識に基づく専門的な内容ではないし、別に注目を集める文章ではないと今でも思います。
ただ最近は雑記ブログというくくりで、日常の事を一般の人が口語的に書き連ねたブログがそれなりのアクセスを集めることもあるようです。アクセスが集まれば、Googleアドセンスアフィリエイトでそれなりの収入に繋がりますから、多くの人がブログを書いて収入が得られれば嬉しいという期待を持って更新されているのではないでしょうか。

しかし、人気ブログになる、アクセスを集める事を通じて最終的な目的が金銭収入になってしまったブログの記事は見ていて空しくなります。特に記事タイトルの空疎さというか、目にした人が気になってついクリックしてしまうような思わせぶりなだけのタイトルと、くだらない記事内容というセットを度々目にして、もう素人が書くブログを見て回るのは時間の無駄だと思うようになりました。

それは私自身にも言える事なので、無理に人気ブログを目指さないし、注目を集めるタイトルも選ばないし、でも何か書きたくなったら書くという、なるべく書くことそのものが動機になった時にだけ書くようにしたいと思います。
ひどいブログはアフィリエイトの商品のために、それが売れそうな記事を書いているようで、それはアフィリエイト広告の特徴かもしれませんが、きっと書いていて気持ちがいいものではないだろうし、その記事で収入がなければ何のために書いたのか分らないでしょう。

私はできる限り何か書きたいと思った時に書くし、無理に多くの人に読まれたいと望まないようにします。それでも丁寧に書いた自分の体験や気づきや思いつきは、いつか誰かの役に立つんじゃないか、何より自分自身を励ましたり懐かしい気持ちにさせたりするんじゃないかと思って少しずつ更新していく事にします。

観光バスに乗用車が飛んで来て衝突した事故とその報道について

2017年6月10日に愛知県新城市東名高速道路上で発生した交通事故について、昨日今日とテレビでもネットでも盛んに報道されています。
観光バスがドライブレコーダーを使っていたこと、バスを運行するバス会社がそれを報道機関向けに提供したことから繰り返しそのセンセーショナルな衝突の瞬間の動画が流される事になりました。

f:id:mazshear:20170611224456j:plain

不幸中の幸いで、バスの運転手と乗客には死者がなく、バス運転手の咄嗟の判断を評価する論調も見受けられます。しかし、乗用車の運転手は死亡していて、それもおそらくは衝突の瞬間に即死、つまりテレビやネットを通じて私たちが見ている衝突の瞬間は乗用車の運転手が絶命する瞬間でもあります。

本来厳粛に扱われるべき人間の死について、それが視聴率を集めるとか大きな話題になるという商業的な理由によってこのように弄ばれるべきではありません。

私自身には特別な権力も関係もありませんが、この動画を公開しているマスコミ各社と、そしてマスコミに動画を提供したバスの運行会社にはぜひ反省してもらいたいと思います。もし自分の肉親がその乗用車の運転手だった場合、その動画をテレビやネットで公開したいと思うでしょうか。それが社会正義でしょうか。今後の事故防止の一助になるでしょうか。

私たちは日々の刺激に慣れ過ぎて、本来は隠されるべきもの、晒されるべきでないものまで娯楽として消費する癖がついていないでしょうか。マスコミは宿命的な業だと諦観せずに、倫理観を失わないような報道を心がけてほしいと思います。

※NHKはドライブレコーダーの映像を使わずに再現CGを制作して使用したようです。いろいろと問題もありますが、この事故の報道においては他社よりもまともな対応であると考えます。

幸せなはずの子育てで夫婦仲が悪くならないための考え方

お互いが好き合って、または認め合って結婚した夫婦に子どもが生まれるというのは何よりも幸せで素晴らしい事です。しかし、子どもを育てるというのは本当にか弱い命を守り続けて、そのゆっくりとした成長を見守る事でもあり、特に初めての子どもの時には大変な苦労でもあります。
お母さんはしょっちゅうおっぱいやミルク、おむつで起こされて何カ月もゆっくり眠れませんし、協力すればするだけお父さんも同じように睡眠時間が途切れ途切れになってしまいます。

f:id:mazshear:20170601162012j:plain


どちらかのおじいちゃんか特におばあちゃんが同居していてくれればいろいろな手助けが期待できますが、夫婦だけで子育てをする家庭も一般的になっているでしょう。乳幼児を育てる期間は、最善を尽くそうとすると大人一人がつきっきりになって、自分の食事や身の回りの事がおざなりになる程度には忙しいものです。それをどの程度効率化して手を抜くか、どの程度周囲から協力してもらえるかを上手く判断しないといけません。
柔軟な役割分担を相談しましょう。
おっぱいをあげるのはお母さんしかできませんが、ミルクを飲んでくれる赤ちゃんならお父さんでもできます。たとえば哺乳瓶を洗う、消毒する、ミルクを作って適温に冷ますなどは基本的にお父さんの仕事ですといった分担はどうでしょうか。もちろんお仕事や用事で一緒にいない場合もあるでしょうから、状況に応じてですが。また、お父さんでもお母さんでもどちらでもいい仕事というのを決めておいて、どちらか時間のある方が、体調が悪くなくて元気な方がやるようにしましょう。洗濯する、干す、畳む、買い物など時間的な制約の少ないものは両親がどちらでもできるように作業工程を標準化してみましょう。
一般に家事は主に担当する人が決まっており、その配偶者は洗剤の種類であったり、保管場所であったり、買い物の時のポイントカードだったりという細かい情報が共有されない場合が多いのではないでしょうか。子育て期間は常に忙しく家事もそれ以前の倍くらいに増えますから、効率を良くするためには家族全員が同じように家事をこなせる状態を目標に、自分にしかできない仕事を減らす努力をしましょう。例えば個人の財布と家計用の財布を別にしておいて、カードや割引券、レシートなどを一括で管理したり、簡単な説明書きを作って貼り付けるなどは有効だと思います。要は「説明するより自分がやった方が早い」という状態を無くして、簡単な指示や説明で作業を任せられるように家庭内の仕事を標準化するのです。
お勤めをしている人は自分が稼いでいるのに家でも働かされるのは不当で不公平だという気持ちを持ってしまうかもしれません。しかし、親の公平感よりも子どもの健康で健全な成長こそ大事だと思えばできるだけ家事も積極的にこなしましょう。掃除洗濯料理に代表される家事には終業時間も休日もありません。家族が協力してこそ家事担当者にお休みを、数時間でも与えられるだけです。
まとめると、主婦(または主夫)は家事を標準化して手伝ってもらいやすい努力を。勤め人はできる限り家事を助けて相手を休ませる努力をしましょう。家事育児の担当者は常に寝不足で疲れています。せっかくの幸せな期間にケンカをしたりまして離婚などしないようにまず自分ができる事を丁寧にしましょう。

赤ちゃんや乳幼児の洗濯物をいつまで別に洗うのか問題

家族の衣服毎日洗濯するお母さんやお父さん、あるいはおじいちゃんやおばあちゃんにとって悩みどころではないかと思います。生まれてきたばかりの赤ちゃんは皮膚も敏感ですし、常に清潔にしておかないと皮膚が荒れたり病気になったりという心配もありますし、基本的に赤ちゃん用の石鹸を使って手洗いをされる家庭が多いと思います。それが少し成長して乳児になり、だんだん洗濯機も使うようになって、洗剤も特別なものじゃなくてもいいかなという時期が来るでしょう。そしてもう大人のものと一緒に洗っても問題ないかなと判断するのは、うちの場合だいたい2歳くらいかなと思います。

f:id:mazshear:20170526170549j:plain


保育園や幼稚園に行くようになると、園に預けておく着替えやタオルやお布団など、家で見ていた時期よりもずっと洗濯物が多くなったように思います。その時期にはもう子どものものだけを別に洗うのが時間的にも難しくなってきました。保育園に迎えに行くと早速夕食の準備をしなければいけないし、その後お風呂に入れて寝かしつけてからやっと洗濯ができるようになります。そこから子どもと大人の洗濯物を分けて洗っていたら毎日深夜になってしまいますし、ご近所の手前なるべく洗濯機は早く止めたい事情もあります。靴下や食事で汚した上着などは手洗いしますが、その他はおおむね私たちの服と一緒に洗いました。
ただし洗剤はなるべく香りの弱いものにして、柔軟剤などを使うものは休みの日などにまとめてできるように分けるようにしましょう。一般に流通している洗剤は、普通に使って有害だとは思いませんが、子どもは何にでも敏感ですからできるだけ刺激の少ないものを選びたいものです。特に匂いに関しては、嗅覚が一番マヒしやすい感覚だと言われていますし、人工的な良い香りは自然に存在する植物など自然の香りを感じる力を弱めてしまうのではと思います。日常の刺激は少な目にして、植物や動物の匂いをきちんと感じられる感性豊かな子どもに育ってくれるといいと思います。また合成香料や着色料などはアレルギーの原因になるとも言われますからなるべくそれらが使われていない洗剤を選びましょう。子どもに優しいものは当然大人にも優しいわけですから、いわゆる合成洗剤から天然素材の石鹸系洗剤に切り替えてはどうでしょうか。
洗剤の価格は少し高めになるかもしれませんが、買い置きもできるのでドラッグストアの安売りの日やポイントが多く付く日にまとめ買いしておくのがおすすめです。

お時間があれば子どもの服について書いた以前の記事もご覧ください。