読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧しくても幸福に生きる日々

金儲けに必死にならず、楽な生活をお伝えします。

自動車保険をタダに近づける方法

消費と投資

この記事をご覧になっている方は、きっと自家用車を所有している人かその家族だろうと思います。車は便利だし、カッコイイし、特に公共交通機関が乏しい地方だと生活する上で無くてはならない重要な道具ですよね。

でも自動車は新車で買うと200万円以上するものが多いですし、最近は軽自動車でも150万円を超える価格帯のものが多くなっています。

f:id:mazshear:20160308162059j:plain

政府統計によると、例えば小都市の勤労者のいる世帯は月額の総支出平均が30万9,306円だそうです。その中で自動車価格と保険料、整備費など自動車関連の支出平均額は2万9,517円にもなるそうです。これに高速道路など有料道路の利用料を併せると、3万1,042円と総支出の10分の1を超えます。

大雑把に考えれば、都市部で自動車を持たずに暮らせる家庭以外は、支出の10分の1を自動車関連に使っていると言えます。税金が占める割合も大きいのでこれを節約するのは難しいのですが、最も節約の余地が大きいのが任意の自動車保険です。

もし事故を起こして相手に怪我をさせたり、最悪殺してしまった場合は莫大な損害賠償を求められれる事になります。保険は日常的に利用する自動車のリスクを肩代わりしてくれるものなので、もしもあなたが任意保険に未加入でしたら今すぐ加入してください。保険は自分自身と家族を守ってくれる、本当に大切なものです。

しかし、自動車の任意保険は多くの保険会社が多くの商品を販売しています。どれに入ればいいのか、どれが得なのか、慣れない人はまるで分からないかもしれません。インターネットはいろいろなサービスを便利に安くしてくれましたが、自動車保険もその恩恵を受けています。

例えばNTTイフの自動車保険など一括見積もりサービスを使えば、自分に必要な保障を選びながら、最も安い保険会社を選ぶ事ができます。図書カードなどが貰える場合もありますし、基本的にはメールとwebサイトで手続きが完了するので一般の保険契約に較べて手間もかかりません。

さらに、A8.netなどのASPアフィリエイトサープロバイダ)を経由すれば、見積りをするだけで1,000円前後のキャッシュバックを受ける事ができます。そのキャッシュバック分を保険料の支払いに充当すれば、事故を起こさない限り年々保険料は安くなるので自動車保険はタダに近づいていきます。

自動保険の更新時期が近づいて来ている方は、ぜひASP経由で見積りサービスをご利用ください。