読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧しくても幸福に生きる日々

金儲けに必死にならず、楽な生活をお伝えします。

手帳には万年筆が使いやすい

私はスケジュール帳への記入に万年筆を使っています。別に気取っているわけではなくて、ボールペンより使いやすいからです。

f:id:mazshear:20160310001532j:plain

一般的なボールペンは油性で、ある程度の筆圧をかけなければ文字が書けません。私は字が下手な方ですが、小さい文字を油性のボールペンで書こうとすると、自分でも読めないようなひどい字になってしまいます。

一時は軽い筆圧でもはっきり書ける水性ボールペンを使っていたのですが、これは選択肢が少なく、デザイン的にもいい年をした大人が人前で使うにはちょっと躊躇うようなものが多かったので結果的に万年筆に落ち着きました。

それでも別に高いものではなく、1,000円ちょっとの万年筆としては最も安物の部類なのですが、細いペン先を選べば手帳の小さな枠内に書き込むには最適な文具でした。インクが液体なのでごく軽い筆圧でもはっきりとした文字が書けますし、何となく落ち着いた大人のイメージを醸し出す事ができているのではないかと思っています。

インクのカードリッジは文房具屋だけではなく100円ショップにもありますし、インクの色を変える事もできます。気に入った万年筆を手に入れれば、それこそ一生使い続ける事ができるので、愛着も沸きますし字を書く事を面倒と思わなくなるのではないでしょうか。

最初は本当に安いものでもいいと思うので、使ってない方はぜひ一度日常に万年筆を使ってみてください。楽ですよ。