読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧しくても幸福に生きる日々

金儲けに必死にならず、楽な生活をお伝えします。

子育て世代が中古車を買う時はISOFIX(チャイルドシート取り付け規格)に注目しよう

ISOFIX(アイエスオーフィックス、またはアイソフィックス)って聞いたことありますか?あまりなじみがないかもしれませんが、これは車の座席にチャイルドシートを固定する国際規格です。
今までの一般的なチャイルドシートは3点式のシートベルトを使って固定されていましたが、実は確実に取り付けをするのが難しくて取り付けの不具合による事故が多発していたそうです。私も実体験として、シートベルトが緩かったりきちんと溝にかかっていなかったりという事が何度かありました。

f:id:mazshear:20170516235514j:plain


幸い今までは子どもを乗せた状態で交通事故に遭っていないものの、万が一の事を考えると常にキチンとしておきたいと思います。
私は最近中古車を買って車を乗り替えたんですが、買ってしまってから後悔した事が一つありました。それはISOFIX対応じゃない車を選んでしまった事です。
2012年7月以降発売の車には軽自動車でもアイソフィックスに対応することが義務付けられているそうで、原則的には全ての車の後部座席に取付用のアンカーがあるはずです。(二人乗りのスポーツカーとかにはないと思います)例えばトヨタのアクアなども後部座席の背もたれに「ISOFIX」のタグがついていて、シートの隙間に手を入れると金属のバーが手に触れました。
ISOFIX対応のチャイルドシートは取付が簡単で確実なので、子育て世代はぜひ対応した車に乗った方がいいと思います。新車を買えばほぼ確実に対応していますが、中古車を選ぶときにはまず年式が2012年7月より新しい車を選べば大丈夫だと思います。それより少し古くても対応している車種もあるらしいので、欲しい車の年式が2012年以前の場合は特に注意してISOFIXに対応するか確認してから購入するようにしましょう。
おじいちゃんやおあばんあちゃん、親戚などが中古車を買おうとしている時にもぜひISOFIX対応を勧めておいた方がチャイルドシートを移動させて子どもを乗せてもらったりし易いと思います。


お時間があればチャイルドシートのことを書いた別の記事もご覧ください。