読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧しくても幸福に生きる日々

金儲けに必死にならず、楽な生活をお伝えします。

花粉症の存在を疑う

暮らしの些細なこと

あなたは花粉症ですか?ずいぶん辛いそうですね。私は鼻水が止まらなかったり頭がぼんやりしたり、やたらくしゃみが出たりする事が時々ありますが、断じて花粉症ではありません。

f:id:mazshear:20160320215239j:plain
日本では誰も彼もが肩が凝っていて、駅前や駅ナカにもたくさんのマッサージ屋があるくらいですが、アメリカには肩こりの人がいないそうです。それは「肩こり」を意味する言葉がないからだと言われています。つまり、肩が痛かったり怠かったり、重たいように感じる状態をまとめて表す言葉が無いということです。
キリスト教の聖書には「はじめに言葉ありき」とあるそうですが、概念というのは言葉無しには捉える事ができません。肩こりを一つの概念として考えるのはやや大げさですが、肩こりらしい症状を総称する名前があるからこそ、他人同士の間に共通認識が生まれ、やがて治療行為や道具やサービスを生むわけです。
私は「花粉症」というのも肩こりの類縁だと考えています。もちろん医学的にはアレルギー反応なのだと知ってはいるのですが、「花粉症」という言葉で症状をまとめて取り扱ってしまうと、その先には花粉症にまつわる様々な情報や商品やサービスと付き合わなくてはいけなくなってしまいます。私はその煩わしさを想像して、花粉症という概念を受け入れない事にしました。
ですから現に今、目がかゆくて瞼が重くても、寝不足なのかなと思うだけです。今の季節はなるべくシンプルに生活するために、自分自身の属性を増やさない工夫として、少し強がって生活しています。