読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧しくても幸福に生きる日々

金儲けに必死にならず、楽な生活をお伝えします。

持ち家より賃貸の方が楽だと思う理由をいくつか

さんざん語られ尽したとは思いますが、私は持ち家よりは賃貸の方が全体的に楽だと感じているのでその理由をまとめてみます。

f:id:mazshear:20160311132932j:plain

  • 複数の場所で生活する経験ができる

仕事などによりますが、例えば九州と北海道と山陰に数年ずつ暮らす経験は持ち家に暮らしながらでは現実的ではないでしょう。都内であっても、中野区と中央区と八王子市ではそれぞれに個性があって、ライフスタイルにも違いが出ますからいろいろな生活を体験できるという点で、賃貸住宅にはメリットがあります。

  • 引っ越しを気軽に考えることができる

これが最大のメリットだと思うんですが、持ち家と違って何か生活に変化のあった時に比較的気軽に引っ越しができます。たとえば恋人ができて同棲を始める、結婚する、子供が生まれるなど家族構成が変わる時には住む家も変わる場合がよくあります。逆に離婚や子供の独立など、同居人が減る場合にも転居が合理的な場合があるでしょう。

  • 建物の修繕などを考えなくてもよい

一戸建ての場合はよく外壁修繕の話を聞きます。数年に一度、10数万円以上かけて塗装を塗り替えているお宅も多いようです。もちろん屋根や水回りに不具合が出れば業者に修理を依頼しなければいけませんし、新築でも20年もすればリフォームを検討する事になるかもしれません。

マンションの場合はそれなりに高額な修繕費の積み立てがありますし、最近は空き室の増加で修繕費が不足し、追加費用を求められるという話もよくあります。

その点賃貸なら必要な修繕は家主の責任ですし、もしも設備が古くなって不便ならより新しい物件に引っ越せばいいのです。

 

大きく三つにまとまってしまいましたが、一言で言えば持ち家よりも賃貸の方がより「自由」であるのが最大のメリットであり楽なポイントでしょう。不動産に縛られる事なく生活や人生を自由に設計できるのは金銭では測れない利益をもたらしてくれるように思います。これからの時代は海外での長期滞在という選択肢も一般的になるかもしれませんし、経験を重んじ自由を愛する人は無理に住宅を所有しない方が楽で幸せではないでしょうか。