読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧しくても幸福に生きる日々

金儲けに必死にならず、楽な生活をお伝えします。

自動車の名義変更をしてきました。

今まで乗っていた車が来月車検なので、ファミリーカーに買い換えました。といっても新車ではなくてけっこう古い年式の中古車です。距離もずいぶん走っていたんですが、色や塗装が綺麗だったのと、特別仕様車でちょっと贅沢な装備が付いてたのでパートナーが気に入って選びました。

その車を買おうとした中古車屋さんに今まで乗っていた車を下取りしてもらおうかと思っていたのですが、その車もずいぶん古くて値段が付かないと言われてしまったので友人に安く売る事にしました。自動車は取得や譲渡に関していろいろな決まりや手続きがあるので、やったことのない人向けに紹介してみようと思います。もちろん自動車ディーラーや中古車屋さんに委任状を渡せば代わりに手続きを行ってもらえるので忙しい人はだいたいそうしてるようですね。f:id:mazshear:20170507161043j:plain

まず必要になるのは実印と印鑑証明です。印鑑登録は住んでいる市区町村の役場できますし、印鑑登録カードを持って行けば簡単な手続きで実印証明書を取得できます。逆に言えば印鑑登録カードを持っていなければ本人が実印を持参して役所の窓口に行っても実印証明書は発行してもらえないので印鑑登録カードは大切に保管しておきましょう。

確実に必要になるのは実印と実印証明書なのですが、その他は手続きを行う人によって変わってきます。私の場合は、私が所有していた普通自動車を友人に譲り渡すケースで、手続きは私が行いました。印鑑証明を取った後は友人にも印鑑証明を取ってもらい、その実印を押した委任状と車庫証明を預かりました。車庫証明は管轄の警察署に行けば2,000円から3,000円程度の印紙代で発行してもらえます。申請書には周辺の地図と駐車場所の図、月決めで借りている駐車場ならば土地所有者の許可証などが必要で、発行まで5日程度必要です。

相手方の書類が揃ったら譲渡証明書という書類に記入します。譲り渡す自動車の車検証を参照して車名や番号などを記入し、自分と新しい所有者の住所氏名を記入します。ここにも押印欄がありますが、本人が窓口に行く場合は自分の分だけでいいようです。

自動車の名義変更は各地の陸運局で行います。窓口に行って要件を伝えると、比較的親切に教えて貰いました。譲渡に関して2枚程度の書類に住所氏名や自動車の形式などを記入し、印紙を500円分購入して提出すれば一応完了です。その後、自動車重量税などの請求先として新所有者の住所氏名などを登録しました。初めてでしたが1時間弱で終わりました。

都市部以外ではどうしても生活の足として自動車が必要になると思いますが、取得や譲渡の時に自分で手続きをすれば、費用の面でかなり節約になると思うのでぜひ検討してみてください。一度やってみるとそれほど難しいものではないですよ。

 

自動車関係の他の記事もお時間あればどうぞ。

mazshear.hatenablog.com