読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧しくても幸福に生きる日々

金儲けに必死にならず、楽な生活をお伝えします。

鶏ムネ肉の照り焼き風とネギと鶏皮炒め

食べること

今日もいつものスーパーに行きましたが、相変わらず野菜が高いので結局いつもの鶏ムネ肉を買って帰りました。作ったのは下のレシピを参考にした照り焼き風。

Cpicon 簡単~鶏むね肉の照り焼き by まるんくん

お肉だけだとさすがに寂しいので、ブナシメジを1パック一緒に炒めました。手順としては、まず鶏ムネ肉を食べやすいサイズに削ぎ切りにして塩コショウをして、小麦粉をまぶしました。濾し器を使いましたが、面倒なので次回はビニール袋にしようと思います。フライパンに油を引いて鶏肉を両面焼いたらしめじも投入。火が通ったら醤油、砂糖、みりんのタレで煮込みます。元のレシピは砂糖が多かったので、少し少な目にしました。さっぱり食べやすい味でしたね。

f:id:mazshear:20161209000352j:plain

作っている最中に気付いたんですが、鶏肉もブナシメジも色が白くて彩りが足りないので、少しだけ生えていた万能ねぎを散らしました。もっとたくさん生えて成長してくれると助かります。
今回も皮の部分は先に剥いでおいて別の料理にしました。以前作った料理(親子丼と鶏皮キャベツを作りました。 - 貧しくても幸福に生きる日々)をアレンジして、キャベツの代わりにネギを使ったんですが、なかなか美味しくできました。

f:id:mazshear:20161209000710j:plain

前回と同じように皮の部分を1~3センチ角程度に小さく切って、しばらく料理酒に漬けました。油は引かずに強火で炒めて、皮の油が溶けたらネギも入れて一緒に炒めました。最後に少し醤油を入れたら完成です。鶏皮の油っぽい感じをうまくネギが中和してくれてキャベツよりも相性は良いかもしれません。

最近はしょっちゅう鶏ムネ肉で家族に申し訳ないような気もしますが、特に不満なく食べてくれるのでしばらくはいろんな鶏肉料理を試してみようと思います。